【発音ルール】この単語のアクセントはどこ?ストレス付与の法則について(Day1)

こんにちは。
スギーズ英語発音教育研究所です。

今回のコラムは、「ストレス付与の法則」について。
英語学習者の皆さんの中にも、英会話や音読練習をしながら「あれ、この単語のアクセントってどこだったっけ…前のほう?後ろのほう?」と迷ったりするようなことがあるのではないでしょうか?

そんな時にぜひ参考にしていただきたい「法則」をご紹介します。
本日はその第1日目です!下記の動画も参考にしながら学んでいきましょう!

▼本日のポイント!

  • 2音節の単語の場合、「名詞」の場合は前の音節にストレスを置き、「動詞」の場合は後ろに

【Example Words】

2音節の単語 第1音節を強勢(名詞) 第2音節を強勢(動詞)
import /ˈɪmpɔːrt/:輸入品 /ɪmˈpɔːrt/:輸入する
export /ˈekspɔːrt/:輸出品 /ɪkˈspɔːrt/:輸出する
record /ˈrekərd/:記録 /rɪˈkɔːrd/:記録する
object /ˈɑːbdʒɪkt/:物、対象など /əbˈdʒekt/:反対する
subject /ˈsʌbdʒɪkt/:主題、科目など /səbˈdʒekt/:従属させる
content /ˈkɑːntent/:中身、内容など /kənˈtent/:満足させる

 

動画でも触れているように、例外的な単語もあり、この法則の限りではないケースも存在するのですが、
この法則を知っておけば、迷った時の手掛かりとしてきっと役に立つのではないでしょうか😊✨

次回は3音節以上の単語のケースをお伝えします!お楽しみに!!

Thank you for reading, and see you next time!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA